ホーム > 理事長挨拶

輝いて生き生きとした人生を


 医療法人社団輝生会は、地域におけるリハビリテーションの推進を目的に、回復期および維持期(生活期)のリハビリテーションを提供するために設立いたしました。輝生会の名称は、障害を持たれた方々が再び輝いた人生を送れるようにという思いを込めて名付けたものです。
 東京都内では、2002年に渋谷区に初台リハビリテーション病院、2003年に台東区に在宅総合ケアセンター元浅草、2004年に世田谷区に在宅リハビリテーションセンター成城、千葉県では2008年に船橋市立リハビリテーション病院、2014年に船橋市リハビリセンターの運営を開始し、5拠点で事業展開する法人です。
 事業内容を簡単明瞭に表現すれば、「寝たきりにしない、寝かせきりにしない医療サービスを提供すること」です。具体的には、急性期の病院から回復期リハビリテーションを必要とする患者さんを可能な限り早く受け入れ、入院による集中的・総合的リハビリテーションを提供することにより、在宅復帰を可能とすること。さらに在宅復帰後は、通院・通所・訪問・短期入院などによるリハビリテーションを中心とした在宅医療・在宅ケアサービスを提供することにより、寝たきりとならずに安心・安全な在宅生活が継続できるよう支援することを使命としています。 この使命を全うするために、現在は1000名を超す職員を擁する法人となりました。医師、薬剤師、看護師、介護福祉士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、社会福祉士、臨床検査技師、放射線技師、管理栄養士、栄養士、調理師、医療事務等の専門職が、職種を超えたチームアプローチで対応し、今後とも更なるサービスの質の向上を目指して、なお一層の努力をいたす所存です。

医療法人社団 輝生会 理事長 石川誠

法人紹介

採用情報

就職説明会カレンダー

javascriptをオンにすると、ここにカレンダーが表示されます。内容を表示するにはご利用ブラウザの設定で、javascriptを有効にしてください。

ページの先頭へ戻る