ホーム > 回復期リハビリテーションとは

回復期リハビリテーション病棟とは


 回復期リハビリテーション病棟は2000年4月に新たに創設された制度です。 この病棟では、脳梗塞や脳出血などの脳卒中、大腿骨頚部(太ももの付け根部分の)骨折、脊髄損傷、頭部外傷、肺炎や外科手術の治療時の安静による廃用症候群の患者さまに対して、集中的にリハビリテーションを提供することによって、「起きる、食べる、歩く、トイレへ行く、お風呂に入るなど「日常生活動作」(ADL)」の向上を図り、家庭や社会に復帰することを目標としています。 疾患や傷病名によって、入院していただくまでの期間や、入院されてからの在院日数の上限期限が以下のように決められています。 詳しくは、各施設のソーシャルワーカーまでお尋ねください。

疾患
発症から入院までの期間
病棟に入院できる期間
1) 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳炎、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢装着訓練を要する状態 
2ヶ月以内
150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷
180日
2) 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態
2ヶ月以内
90日
3) 外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後の状態
2ヶ月以内
90日
4) 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後の状態
1ヶ月以内
60日
5) 股関節又は膝関節の置換術後の状態
1ヶ月以内
90日

※ 資料出展:厚生労働省/回復期リハ病棟入院料を算定可能な疾患(2010年4月改定)







ページの先頭へ戻る