ホーム > 先輩スタッフの声

先輩スタッフの声

看護師

 輝生会の看護師は、疾患と生活という両側面から患者さんに関わり、広い視点を持って患者さんにアプローチしています。患者さんのADLの向上を支援することが大きな目標の1つです。この目標に向かって、多職種と協働して、専門性を活かしつつ、毎日の患者さんの生活に関わっています。
 学生の皆さんや急性期病院で勤務されている看護師の皆さんには、リハビリテーション病院で働く看護師がどのようなケアをしているのかイメージがつきにくいかもしれません。
 リハ看護の経験がなく、就職を不安に思われる方も多いと思いますが、そのような方をサポートする体制も環境も整っています。是非見学し、リハ看護を実感して下さい。

介護福祉士

 私は就職するにあたって、看護助手としてではなく専門職として働ける病院を探しました。患者さんへアプローチするチームの中でCW(介護福祉士)が一員として働いていると聞き、当院に入職しました。。
 入職して1年目の後半には先輩のサポートを受けながら患者さんを担当し、チームの一員として他職種と一緒にカンファレンスに参加し、今ではサブリーダーという患者担当間のリーダーを介護福祉士が担うケースもあります。
 安心して入院生活を送っていただけるように、また意欲的にリハビリを受けられるように精神面への支援、ADL向上を目指した支援、退院調整や家族指導など、「在宅に帰りたい」というニーズに応えるため、他職種と話合いながら奮闘しています。大変なこともありますが、やりがいを感じています。

理学療法士

 当院は病棟配属制であるため、各職種間の隔たりが少ないところが最大の魅力だと思います。リハビリの時間で獲得された能力を、看護師やケアワーカーが生活場面で導入してくれ、リハビリだけでなくケアも早出・遅出を通して経験することができます。そして病棟では各職種間で常に情報を交換し合い、患者さんがより充実した入院生活が送れるよう話し合いを重ねています。このように1日の生活を知ることができるからこそ、患者さんの退院支援をより明確に提案することができます。
 相談しやすく的確にアドバイスしてくださる先輩方、自分を高めたいと思える同期、頼もしい後輩などたくさんのスタッフに囲まれているため、理学療法士としても充実した日々を送っています。

作業療法士

 当院では早出・遅出があるので、普段の訓練場面では見られない患者さんの状況を知ることができ、生活場面で問題点にアプローチすることができます。沢山の同期と先輩がおり、悩んだときはみんなで問題を共有して、一緒に考えながら患者さんにアプローチしています。
 作業療法部門の特徴は教育面がとても充実しているところです。様々な教育プログラムのもと知識や技術を学ぶことができます。また、先輩が全国各地の勉強会に参加し、その講習で教わった内容を伝達講習してくれるのも魅力的です。患者さんの訓練で困った際には先輩に同席してもらいフィードバックを受けることも可能です。
 作業療法士という仕事は幅広く、難しい仕事だと感じています。けれどもすごくやりがいがあり、楽しい仕事でもあります。患者さんの生活の手助けができる作業療法士を目指していきましょう。

言語聴覚士

 当院の特徴はチームアプローチです。病棟配置のため多くの職種と協働しながら日々リハビリをしています。情報交換はもちろんですが、時にはSTにはない視点からの意見もあり、違う側面から考える機会にもなります。そんな中で、患者さんが一日も早くより良い生活ができるようチーム一丸となってアプローチしています。どの職種が欠けての成り立たないぶん責任もありますが、「STとして何をすべきか、何ができるのか」ということを考えながら関わることができる環境だと思います。
 私は入職して2年が経ちます。STは患者さんの伝えきれない思いを受け止め、親身に関わることができる職種だと思います。患者さんと想いが伝わった時、「伝わった」と患者さんが笑顔になった時、言葉では表せない喜びを感じます。患者さんと笑顔でコミュニケーションのとれるSTを目指して、日々充実した日々を過ごしています。

社会福祉士・介護支援専門員

 社会福祉士を各拠点のソーシャルワーカーとケアマネジャーとして配置しています。ソーシャルワーカーとケアマネジャー間の人事異動を行いながら、回復期から生活期の対人援助のプロフェッショナルとして、質の高い援助をおこなうことを目指しています。若者からベテランまできっとやりがいをもって働いてもらえる職場だと思っています。
 輝生会という大きなチームの中で、お互いに切磋琢磨しながら力を発揮してみませんか。

管理栄養士

 一人24人から44人の患者さんを担当して、患者さん一人ひとりに毎月栄養ケア計画を立案し、その方の栄養管理の責任者となります。当法人の管理栄養士の醍醐味は何と言ってもチームの一員として働けることです。朝夕の病棟での申し送り、入院時合同評価、カンファレンスなど、多職種と合同で業務に取り組んでいます。
 チームの一員として働くことで視野が広くなり、他職種からもアドバイスをもらいながら成長できる環境が整っています。

栄養士

 リハビリを進めるためには、患者さんの栄養状態を整えておく必要があります。その役割を担っているのが私達「栄養士」です。残さず食べられる食事は回復期リハビリにおいては非常に重要なものです。平均入院日数3ヶ月の患者さんが飽きずに、全て召し上がっていただく工夫をフードサービスの中にちりばめ、日々患者さんに食事をお届けしています。
 入院中一番の楽しみとなる食事を通じで患者さんに携わることができるのは栄養士ならではの魅力です。


ページの先頭へ戻る

先輩スタッフの声

就職説明会カレンダー

javascriptをオンにすると、ここにカレンダーが表示されます。内容を表示するにはご利用ブラウザの設定で、javascriptを有効にしてください。

医師研修制度

訪問看護

資料請求