ホーム > 生活に視点をおいたリハ

生活に視点をおいたリハビリテーション


 リハビリテーション本来の目的は「生活の再建」にあり、回復期リハビリテーション病棟では、自宅復帰を大きな目標としています。従いまして、リハビリテーションは訓練室だけで行われるものではなく、入院中の患者さまにとっての「生活の場」である病棟においても積極的に実施されるべきだと、私たちは考えます。輝生会では、家庭に復帰されたときの生活をイメージした病棟生活を送っていただくとともに、病棟でのリハビリテーションを効果的に実施することが自宅復帰のためには重要と考えています。

ページの先頭へ戻る