ホーム > 教育システム

先進的な教育システム


 質の良いリハビリテーション医療のためにはスタッフの教育が大切です。 輝生会には、リハビリテーション医療の質の向上や、チームアプローチの機能を十分に発揮するための充実した教育体制や工夫があります。 例えば輝生会の回復期リハビリテーション病棟には、スタッフひとりひとりを、チームマネジャーを中心とした全職種スタッフによるチームと、教育研修部の各職種チーフをトップとする部門活動という、二つの方向からスタッフを育てる、いわゆるマトリックス構造とよばれる仕組みがあります。これによりスタッフはチーム医療の実際を学びつつ、各職種の専門性も高めることができます。
 輝生会は教育研修こそがスタッフを育て、質の高いリハビリテーション医療を提供するためのよりよいチームアプローチが実現できると考えています。スタッフの研修の場も多く、関連団体の研修への参加を始め、法人全体の職員が参加する合同研究発表会他、部門別研修会、高次脳機能障害支援に特化した勉強会、自主勉強会等が活発に開催されて、スタッフのリハビリテーションの質の向上に効果をあげています。

ページの先頭へ戻る