ホーム > 在宅総合ケアセンターの取り組み

在宅総合ケアセンターの取り組み


 在宅総合ケアセンターは地域の皆様の在宅支援と自立支援を目的として、リハビリテーションを中核とした医療・介護サービスを総合的に提供する施設です。センターには、訪問診療、外来診療、入院診療、訪問リハビリテーション、通所リハビリテーション、ケアプランサービス、訪問看護ステーションなどの機能があり、利用者の皆様のご要望にきめ細かくお応えすることができます。  医療法人社団輝生会では「在宅総合ケアセンター元浅」と「在宅総合ケアセンター成城」を地域の拠点として活動しており、高齢者や障害がある方であっても再び輝いて生きる人生を送っていただけるよう在宅生活を支援してまいります。

徹底したチームアプローチ

 輝生会では、病棟というケア現場にチームマネジャー制というユニークな制度を導入して、患者さまを中心とした徹底したチームアプローチを図っています。この制度により、医師、看護師、ケアワーカー(介護福祉士)、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー(社会福祉士)、管理栄養士・薬剤師等の専門職が緊密に連携し、患者さまおひとりおひとりに適したリハビリテーション医療の提供が可能となっています。
 また、チームアプローチはチームメンバーが対等であることが重要です。従来の病院では医師をトップとした組織が一般的でしたので、白衣を着た医師を「先生」と呼び、他のスタッフと対等の位置づけということはありませんでした。そこで、輝生会の挑戦として、設立時から全スタッフは同じユニフォームを着用し、お互いを「さん」づけで呼び合うことなどを徹底し、風通しのよい環境を作り、チームでリハビリテーション医療を提供できるようにさまざまな工夫を重ねてきたのです。 院内には理事長室も、院長室も、部長室もありません。スタッフルームを共有しながらチーム医療を実践しています。

在宅総合ケアセンターとは

採用情報

就職説明会カレンダー

javascriptをオンにすると、ここにカレンダーが表示されます。内容を表示するにはご利用ブラウザの設定で、javascriptを有効にしてください。

ページの先頭へ戻る